【学生広場】日払い短期バイトでがっつり稼ぐ! » short » プールの監視員の短期アルバイト

プールの監視員の短期アルバイト

読了までの目安時間:約 3分



 

大学3年生の夏休み、短期アルバイトをしました。しっかり稼ぐつもりで監視員のアルバイトをしました。夏のみ営業している屋外プールで時給は800円

 

7月1日から8月末までの期間限定のアルバイトです。小学生は水泳の選手になったこともあって泳ぎには自信がありました。そして、普段は他のアルバイトを夜にしていたので、大学の授業のない夏休みだけ働けることが魅力でした。

 

監視員のアルバイトは働く前に講習を受ける必要があります。監視の方法やルールについて、溺れた人を見つけた時の対処法、人工呼吸も学びます。講習だけでも2日間におよびます。アルバイトといっても子供たちや大人の命を預かる監視員の責任を感じます。

 

プールの監視員の仕事内容

アルバイトは同じ大学生が多く、パートの人もいます。屋根のついた監視員台があるので、台に座りサングラスをしてプール内を監視します。そしてプールサイドを走っている人や、溺れそうな人、プールで危険な遊びをしている人を注意します。

 

20分勤務して20分休憩の体制で、休憩している時は監視員室に待機します。監視員室に待機している間は落し物を届けに来たりケガをした子の対応をして、休憩でも完全な休みではありません。でも、休憩中は同じ休憩しているアルバイト仲間とも話せる仕事です。

 

お茶はサービスで無料で、社員のおじさんやおばさんが気を効かせて差し入れを買ってくれることもありました。そのため1日勤務もそんなに苦しいと思いません。営業が終わったらプールサイドをデッキブラシで掃除したり、掃除機をかけて終了。屋外プールは夕方になると閉まるので6時には家に帰ることもできるため、拘束時間も短いです。

 

子供が溺れたら共同作業で助ける必要があるため、自然とアルバイト同士で連帯感も生まれます。女子同士でプライベートで飲み会を開いたり、仲間意識は強くなりました。

 

期間限定の短期でもがっつり稼げた!

シフトもたくさん入ることができて、夏休みが終わった時にもらったお給料は想像以上の額でした。大学3年の時は1年目で、就職活動が終わった大学4年の夏休みも働きました。

 

女性が監視員のアルバイトをすると意外に思う人が多いですが、得たものは多く楽しいアルバイトでした。日焼けはしますがお給料もよく貴重な経験ができます。

 


 

この記事に関連する記事一覧