【学生広場】日払い短期バイトでがっつり稼ぐ! » food » レジ打ちのアルバイト【体験談】

レジ打ちのアルバイト【体験談】

読了までの目安時間:約 4分



woman

 

高校生の時、地元の埼玉で家が貧乏で始めました。一番最初はレジでした。ごくごく普通のヨークマートのレジ打ちでした。全て手作業のレジ打ちでしたので、大変苦労しました。

 

細かなボタンがいくつもあり、時間帯別のセールや割引と把握しなければならない事が沢山あって5時あたりの時間になると頭が爆発しそうでした。当時の私ときたらキャベツとレタスの区別はつかないしカツとコロッケの区別もつきません。

 

レジ打ちは慣れるまでが大変!?

沢山のレジがあるけれど混み出すとやはりお客様もイライラしてきてしまい、慣れない焦りと早くやらなきゃ!と言うプレッシャーに押しつぶされそうだった私は今思えば立派な小心者です。時給800円に惹かれて始めたバイトに早くも合わないかもという予感をヒシヒシ感じながらも半年続きました。

 

合わないかも何て思っていながらも慣れてくると割と優越感が生まれてきました。いかに早く綺麗に通してカゴに収めるか、ちょっとしたパズルのようで意外と楽しみながら仕事をしていました。

 

レタスとキャベツの区別もほうれん草と小松菜の区別もコロッケとカツの区別もちゃんと付くようになって後輩も出来て少しばかり先を行く自分にくすぐったいようななんとも言えない優越感が私の中に宿りました。

 

レジ打ちは集金が緊張する!?

 

そんな、慣れた私でも緊張感を持つ時があります。それは、集金の時間帯です。一定の時間帯になるとレジのお金を数え帳簿につけ集金します。誰もが過不足なくこの時間を通り過ぎたいと願う時間帯でもあります。

 

もちろん、そこで過不足無くても店閉めのレジ上げの時に過不足が出る事もあるので、1日が過ぎる中で自分のレジが過不足無しで終わる時はやりきった!今日の私は頑張った!という達成感で心が満ち気分良く家路へつけます。
でも、過不足が出た時はやっぱり悔しいですね。いつ?どこで?指差しチェック出来ていた?様々な問いが自分の中で駆け巡ります。たかが時給800円だけど、当時は気づかなかったけれど小さなプライドを持ってアルバイトを自分なりに頑張っていたんだなと実感しました。

 

今なら昔の自分を褒めてあげたいくらいです。初めてのバイトでそこまで頑張れるなんて私偉い!って声をかけてあげたいぐらいです。お金を扱うバイトなので少しばかりの緊張感を持ってバイトをしていましたが、3ヶ月を過ぎると同じ事の繰り返しなので、把握してしまえば忙しい時間帯以外は割と余裕に感じられました。

 

時折暇な時間帯があったりしてカゴを回収したりレジ周りを掃除したりと自分で仕事を見つけるのも限度があり、そんな自分が嫌になり私の初めてのアルバイト生活は半年を持って幕を閉じました。

 


 

この記事に関連する記事一覧