【学生広場】日払い短期バイトでがっつり稼ぐ! » column » 承認要求の強い人の厄介な特徴は?

承認要求の強い人の厄介な特徴は?

読了までの目安時間:約 5分



強気

 

承認要求の強い方の大きな特徴のはひとつに、よく喋るということがあります。ただのお喋りくらいならまだ良いのですが、そんなレベルではなく、とにかく人の話を聞かずに話続ける状態となります。

 

下手すると、誰かが喋っている時でも勝手に割り込んで自分の言いたいことを言い続けるのです。

 

こんな方と一緒にいたら周りにいる人たちはたまったものてはありません。その人の独演会になってしまい楽しくも何もない空間になってしまいます。最後には怒りさえ覚えてしまうかもしれません。

 

こういう方は、自分のことを認めてほしいという心理が働いています。プライドの高い方に多く見られて、自分は出きり人間のはず、知的なはず、などと思っているのです。しかし現状は周りに認めてもらえずにいるのです。

 

なので自らを過剰にアピールして自分のことを認めてもらいたいという気持ちがお喋りに繋がるのです。

 

こんな方の要求を満たすには、とにかく誉めてあげることが大切です。正直いってしまえばおしゃべりの内容は大したことはありません。自慢げに話していても、それは誰もが出来るような事にすぎないレベルです。

 

しかしそれでも誉めてあげましょう。スゴいね、色々知ってるねと言ってあげると本人も喜んでくれて多少は大人しくなるでしょう。誉められることで要求が満たされるのです。

 

そしてもうひとつ厄介な特徴が、人の言うことを否定するということです。先に上げたお喋りよりも難しいところです。人の考えには自由があり、何が正解かと言われたらその人次第と言うことは沢山あります。しかしその人の意見に対してまず否定をして、自分の考えを押し付けます。

 

話をした側にすれば気分の悪くなる事でしょう。何で否定されるのかが理解できません。最悪の時は喧嘩にも発展するでしょう。

 

そのような方も普段は人に認められないという背景があるのですが、人の上に立ちたいという心理も働いています。自分ではそこまでの努力もしていないけど、人には強く出ることで蹴落とそうとするのです。

 

こういう方と付き合うのは困難です。しかしそんな方と会ってしまったのなら否定されても、そうなんですねと同意をしてあげましょう。自分の言うことの方が正解でしょ、と思わせることが要求を満たされることに繋がります。

 

そして意外と思う特徴に、人の意見に合わせるという言動があります。承認要求が強いということは、逆に言えば人から嫌われたくないという気持ちもあります。嫌われたら自分の存在を認めてくれる人は居なくなるので。そんな心理から来る、人に話を合わせるということ。

 

それは一見良いことでは?と思いますが、周りの人の意見がそれぞれ違うのにそれでも合わせてしまうのです。つまりは自分の意見が無いのです。話を聞いてる側からしたら「貴方は結局はどうなの?」と突っ込みたくなります。

 

そんな方がいたときは特に誰も迷惑していないので、そのまま会話の流れに乗せてあげましょう。承認要求が強いので聞いてるだけでなく、結局は人の意見に合わせてそこから肉付けして自分の言葉でも話すのですが、「貴方は誰にでも合わせるだけだよね」と突っ込まずに、そのまま流していけば欲求が満たされていくでしょう。

 

さて、承認要求の強い方の特徴をあげていきましたが、誉めてあげたり合わせてあげたりと言うことはストレスがたまります。基本的にはそういう方とは距離をおくことが一番良いのですが、必ずそうできるわけでもないので、そんなときは上記のような態度で振る舞っていくことが最適であると言えるでしょう。

 

承認要求の強い方は、実は悪い人ではありませんので、上手く対処して少しでもアピールを抑えてもらえれば、良い仲間となるでしょう。


 

この記事に関連する記事一覧