【学生広場】日払い短期バイトでがっつり稼ぐ! » column » ド短期バイトのメリットとデメリットについて

ド短期バイトのメリットとデメリットについて

読了までの目安時間:約 3分



バイト

 

まずド短期バイトとは何かを知らない人のために、用語の説明をしておくと、これは半日や1日だけ、長くても1週間仕事をして契約が終了するアルバイトのことをいいます。

 

ド短期バイトの職種としては倉庫内での軽作業、イベントスタッフ、デモンストレーター、事務職、ホールスタッフなど様々なものが挙げられます。

 

このド短期バイトのメリットについてですが、自分のライフスタイルに合わせて仕事をしやすい点が挙げられます。学生だと夏休みなどの長期休暇でお金を稼ぐためにド短期バイトをしたり、社会人の場合は休日副業としてアルバイトを入れることも可能です。

 

また、仕事内容が概して単純であるということも、ド短期バイトのメリットといえます。未経験者でもこなせる業務のことが多いため、特別な知識や技術、資格は求められません。

 

その他、時給や日給が高いことが多い点、日払いや週払いに対応していることが多い点も、ド短期バイトの魅力といえるでしょう。

 

一方、ド短期バイトのデメリットですが、福利厚生を期待することができない点が挙げられます。また、慣れる間もなく終わってしまうことも多く、勤務先での人間関係も希薄になりがちです。

 

ただし、福利厚生は給料から天引きになるものですので、丸々手取りで欲しい、すぐに契約が終わるなら保証は要らないと思う人も多いでしょうし、お金が貰えれば仕事に慣れる慣れないは関係ない、煩わしい人間関係はむしろないほうがありがたいという人もいるでしょう。

 

デメリットを割り切れる人であれば、ド短期バイトはメリットの多いワークスタイルになるはずです。また、ド短期バイトならいろんな人と出会えるので、恋人ができたり面白い人と友達になる機会もありますね。

 

私も大学生の頃は、グッドウィルという派遣の短期バイト(1日)をやっていました。グッドウィル自体は倒産してしまいましたが、1日バイトはやってみると楽しくて、いろんな経験をすることができてよかったと感じています。

 

好奇心が旺盛で、飽きっぽいひとにはド短期バイトが向いているのかもしれませんね。自分の性格と照らし合わせて、バイト先を選んでみてください。


 

この記事に関連する記事一覧