【学生広場】日払い短期バイトでがっつり稼ぐ! » column » お金が貯まらない、使い癖が治らない人の特徴

お金が貯まらない、使い癖が治らない人の特徴

読了までの目安時間:約 5分



貯金

 

どうしてもお金が貯まらない、使い癖が治らない、という人には特徴があります。まず、給料をどれだけもらっているか、もともとどれだけお金があるか、は全く関係ありません。

 

収入が少ない人でもお金をきちんと貯めている人もいます。普段の生活に少しの節約癖をつけるだけで、使う量が減り自然にお金を貯めることができるのです。

 

お金が貯まらない人の使い癖

お金が貯まらない人は日常での小さい買い物を全く気にせず毎日してしまう人です。コンビニによく行く癖がある、飲み物をよく買う癖がある。

 

”これくらいなら”という気持ちで、使っているお金も日々使っていれば大きな額になっているのです。例えば毎朝仕事の前にからなず缶コーヒーを買っている人。

 

一つ120円×週5日×1ヶ月(4週間)で考えると2400円使っていることになります。さらに仕事に行くさいコンビニまたは社内食で済ませていると、一食500円×週5日×1ヶ月(4週間)だと1万円使っています。

 

さらに週に数回の食事などを考えると、このコーヒーと昼食を自宅で準備していくだけで、必ず5000円以上は出費を抑えることができます。

 

またコンビニなどに行くときに不必要なものも買ってしまう可能性があります。この出費癖のある多くの人が、どれだけの出費があるか把握していません。把握してない限り使ってしまうときの罪悪感というものが全くないのです。

 

お金が貯まらない人はお金を一気に使ってしまう

コツコツ貯めてきたのにどうしても少しだけ必要になったお金。しかし、一回手をつけてしまった貯金はすぐになくなってしまうのです。

 

どうしても1万円引き出す予定だったのに、一回引き出してからダラダラと貯金を使用していませんか?貯金は一度でも手をつけてしまうと貯める気がなくなり、せっかく貯めたものもすぐに使ってしまう。あとあとまた貯金を始めるのが難しくなり、その使い癖に慣れてしまう。

 

全ては小さな習慣が貯めれない理由になっているのです。

 

お金が貯まらない習慣を改善する方法

このような習慣を改善する方法。まずは時間に余裕を持つこと。お昼のお弁当をコンビニで買ってしまう多くの場合は朝お弁当を作る時間がないから。それなら前日の夜に準備をしておけばいいのでは?

 

朝コーヒーを毎朝買ってしまう人。自宅でコーヒーを作って持っていくこともできます。”忙しいから”という理由で一番楽な方法をとっていると、楽な方法はお金がかかる方法が多いのです。

 

朝時間がないからタクシーを使ってしまう、など、時間に余裕を持つだけで防げる出費はたくさんあります。
なるべく自転車または歩くこと。

 

さらにきちんと目標を立てること。目標がなくなんとなく必要なときにお金を引き出している人は、どれだけ自分が使っているかをあまり把握していません。

 

家計簿などにいくら使っているかをつけてみるとどれだけ自分が無駄な出費をしているかがわかります。まずは1ヶ月間普段通りの生活をして、家計簿をつけてみましょう。

 

そしてどれだけ不必要な出費があるか、どこをけずることができるかを把握してから節約の目標を立てることができます。また目標を立てる場合に無理な目標は避けてください。

 

初めの1ヶ月で失敗してしまうと、そこでやる気をなくして続かなくなってしまう人が多いです。もともと出費癖がある人が無理に節約をしようとしても生活が苦しく、さらにストレスになってしまいます。節約を習慣つけるためにも少しずつ慣れていきましょう。

 

買い物癖がある方は整理整頓をしてみること。どれだけ自分がものを持っていて、どれだけ本当に買わなきゃいけないものなのか。また不必要なものはすぐに処分してください。リサイクルショップに持っていくなど、無駄にせず手放す方法もたくさんあります。


 

この記事に関連する記事一覧