【学生広場】日払い短期バイトでがっつり稼ぐ! » short » 

アンケートを道行く人にお願いする飛び込み系アルバイト体験談

読了までの目安時間:約 3分



 

いくつかのアルバイトを掛け持ったり転々としていた20代前半頃、ちょうど夏のイベントがたくさん重なる時期にアンケートのアルバイトをやりました。

 

その内容は、市で行うアンケートを道行く人にお願いするという飛び込み色の強いアルバイト…人見知りで緊張しやすい性格の自分でしたが、2日で2万円というかなり高収入だったことと、大量募集で友達との参加もOKだったために応募。市が主催のアンケートなので悪用もされないだろうという判断の元、道行く皆さんに一生懸命に声をかけて頑張りました。

 

市の中心街にある公園ではまさにイベント真っ最中。その公園付近を陣取った自分と友人は、楽しげに行き交う人たちに必死の思いで声をかけていきました。イベントの余韻もあってか、ほとんどの人はご機嫌な様子でアンケートに回答してくれましたが、中にはキャッチセールスと勘違いしてものすごい形相で追い返す人もいたり…内容を見ていただければすぐに怪しくないことはわかるのですが、見ることもなく立ち去ってゆく人も相当数いました。

 

人に声をかけるというのは勇気がいるものですが、声をかけられて答えを返す方もかなり勇気がいること。こちらが硬い表情や胡散臭い笑顔で接すれば、相手は警戒して逃げてゆくものであるということがよくわかりました。

 

特に応じてくれたのはお年寄りが多く、次に児童、そして中年・青年という感じでした。やはり疑うことをしない世代が主に回答を返してくれたと思います。

 

二日目には、アンケートをお願いしようと声をかけたら逆に道を聞かれる…という偶然がくり返し起こり、さらに自分は全く英語が話せないのに、外国人観光客らしい一群にあれこれと尋ねられたんです。おそらくその内容は「これは何をしているのか」「マクドナルドは近くにないか」という感じでしたから、アンケートの内容は説明できず、一番近いマクドナルドを指差して「グッドラック」といって送り出しました。

 

不特定多数とやり取りするということは自分の知らないところに自分から飛び込んでゆく行為にほかならず、そのためのコミュニケーションツールとして多様な言語、世代別の言葉や口調、話題、知識とマナーを身につけておくべきだということを、この仕事で強く思いました。

 

バイト

 

 

イベント会場への派遣アルバイト【体験談】

読了までの目安時間:約 3分



女性

 

21歳から現役より遅れて看護学生になりました。3年間の平日の勉強と実習をこなしながら学費を稼ぐためにアルバイトをしていました。働く時間は夕方と日祝日、夏、冬休みでした。実習が始まるとカンファレンスがあり何時に終われるかわからず、1カ月位休まなくてはいけません。

 

例えバイトでもそんなに融通の利く仕事は何だろうと考えた時に入りたい時だけ入れる、派遣のアルバイトに登録する事にしました。イベントがあるのは学校が休みの時期と同じですし、自分の思い通りにスケジュールを組めるので大変、都合が良かったです。

 

イベント会場は大阪府下で色んな所に行きました。イベントごとに働く人も違い、色んな人と出会えました。交通費は支給になりますが、現場に着くまでに2時間近くかかる事もありましたので、勉強の本は必需品でした。仕事の内容は主にイベントの物販や会場案内、チケットの販売、啓太リング、倉庫の梱包作業など様々でした。学生の3年間は所属していました。色んな経験を積む事で現場で責任のある仕事も任される様になりました。

 

時給はイベントにより様々で少なくても950円、多くて1200円、一度だけ1時間の合間の仕事で3000円頂いた事もありました。普通のアルバイトも楽しいですが、毎日違った仕事をしながら頂く給料の金額としは大満足でした。土日祝日の勤務で月々8万円、夏や冬の大きな休みの時には15万円を超えてお金を頂きました。

 

派遣のアルバイトのメリットは毎回色んな所で色んなジャンルの仕事を出来る事です。長く同じ人と働く事はないのでなかなか友達まで進展する事は少ないですが、定期的に同じイベントに勤務する事で次第に仲良くなり、色んな人の経験や考えに触れる事が出来ます。逆に面倒臭い人とは直ぐに関係を持たなくなるから!と割り切って接する事が出来ます。

 

イベントはホールでのミュージカル、夏フェス、遊園地のカウントダウン、有名外国サーカス団等働いてお金を頂きながらその場に居れる事もメリットだと思います。男性のみの勤務ではジャニーズのコンサートの裏方も抱えていたみたいです。ミーハーな方には楽しい現場だと思います。

 

逆にデメリットとしてはイベントの多い、少ないでバイトがあるか、無いかに関わってくるので仕事の無い時は他で仕事をするか、いっそのこと休みとしてしまうか、になります。数か所掛け持ちするか、週に一回の出勤の勤務として店舗型のアルバイトを一つキープするかをお勧めします。毎日勉強に励んでいた学生には非日常の派遣のアルバイトがいい息抜きになりました。

 

スキー場のリゾートバイト【体験談】

読了までの目安時間:約 4分



スノボー

 

大学二年生の冬休みと春休みを利用して、リゾートバイトをしました。きっかけは、姉がその前年にリゾートバイトをしていて、とても楽しそうに話をしているのを聞いていたためです。

 

私が行ったのは長野県のスキー場で、ホテルの目の前にゲレンデがあるリゾート施設です。仕事は自分の希望を聞かれ、レンタルスタッフ、レストラン、ホテルフロント、リフトなどの部署から、私はホテルフロントを選びました。

 

ホテルフロントの仕事内容

ホテルフロントは、チェックインのお客様の受付、館内案内、その他問い合わせ対応や、時には温泉受付など幅広く経験しました。もともと接客が好きだった私ですが、ホテルでの接客は居酒屋やカフェなどの、注文されたことに応える接客とはまた違い、相手への気配り、おもてなしの気持ちを絶えず持ち続ける必要があったので、慣れるまでは緊張し、とても疲れました。

 

しかし慣れてくると、いかにお客様に気持ちよく過ごしてもらえるか、どういう対応でお客様に喜んでもらえるかを考えて行動することがやりがいに思えてきました。お客様からの「ありがとう」「お世話になりました」「また来ます」などの言葉をもらえると、ここで働いていて良かったなと改めて思えました。

 

リゾートバイトは住み込みのアルバイトなので、1日8時間、週5日のペースで働き、空いた時間はスノボを楽しみました。スキー場でのリゾートバイトは、リフト無料券が待遇としてついてくるところが多く、自分の板やブーツなどの道具さえ持っていけば、無料で滑り放題です。

 

私はスノボを始めて2年目の、ほとんど初心者で挑戦しましたが、毎日滑ったり、同じバイトで上手な人がたくさんいたので教えてもらったりできらので、すぐにスイスイ滑ることができるようになりました。休みの日には、同じバイトの人たちで、別のスキー場に滑りに出かけたり、温泉や観光などをして楽しく過ごしました。

 

また、リゾートバイトは友達同士で応募する人も多いですが、私は一人で応募しました。アルバイト先には寮があり、二人一部屋の相部屋でした。もちろん同室の人は知らない人でしたが、お互いに一人で来ていて年齢も近かったため、すぐに仲良くなり、寮生活もストレスなく過ごすことができました。また、その友人伝いに友達ができたりということもあったので、一人だけど不安で行けないという人も、何も心配いりません。

 

私は学生の長期休暇を利用して行きましたが、応募してきていたのは学生だけではありませんでした。同じ学生の人もいましたが、ツアーコンダクター(冬はツアーが少ないため会社の斡旋できていた)やフリーターの人、ワーキングホリデー中の外国の人など、年齢も環境もバラバラな人たちが集まるので、普段の生活ではまず知り合えない人たちと出会い、またいろいろな話を聞けるので、とても刺激的でした。

 

その時仲良くなった仲間とは連絡も取っているし、たまに集まったりもします。最初は不安かもしれないけど、行こうか迷っている人はぜひ挑戦して損はないと思います。

 

プールの監視員の短期アルバイト

読了までの目安時間:約 3分



 

大学3年生の夏休み、短期アルバイトをしました。しっかり稼ぐつもりで監視員のアルバイトをしました。夏のみ営業している屋外プールで時給は800円

 

7月1日から8月末までの期間限定のアルバイトです。小学生は水泳の選手になったこともあって泳ぎには自信がありました。そして、普段は他のアルバイトを夜にしていたので、大学の授業のない夏休みだけ働けることが魅力でした。

 

監視員のアルバイトは働く前に講習を受ける必要があります。監視の方法やルールについて、溺れた人を見つけた時の対処法、人工呼吸も学びます。講習だけでも2日間におよびます。アルバイトといっても子供たちや大人の命を預かる監視員の責任を感じます。

 

プールの監視員の仕事内容

アルバイトは同じ大学生が多く、パートの人もいます。屋根のついた監視員台があるので、台に座りサングラスをしてプール内を監視します。そしてプールサイドを走っている人や、溺れそうな人、プールで危険な遊びをしている人を注意します。

 

20分勤務して20分休憩の体制で、休憩している時は監視員室に待機します。監視員室に待機している間は落し物を届けに来たりケガをした子の対応をして、休憩でも完全な休みではありません。でも、休憩中は同じ休憩しているアルバイト仲間とも話せる仕事です。

 

お茶はサービスで無料で、社員のおじさんやおばさんが気を効かせて差し入れを買ってくれることもありました。そのため1日勤務もそんなに苦しいと思いません。営業が終わったらプールサイドをデッキブラシで掃除したり、掃除機をかけて終了。屋外プールは夕方になると閉まるので6時には家に帰ることもできるため、拘束時間も短いです。

 

子供が溺れたら共同作業で助ける必要があるため、自然とアルバイト同士で連帯感も生まれます。女子同士でプライベートで飲み会を開いたり、仲間意識は強くなりました。

 

期間限定の短期でもがっつり稼げた!

シフトもたくさん入ることができて、夏休みが終わった時にもらったお給料は想像以上の額でした。大学3年の時は1年目で、就職活動が終わった大学4年の夏休みも働きました。

 

女性が監視員のアルバイトをすると意外に思う人が多いですが、得たものは多く楽しいアルバイトでした。日焼けはしますがお給料もよく貴重な経験ができます。

 

治験モニターのバイトの時給や評判は?

読了までの目安時間:約 2分



薬を内服したり塗布したりして検査を受ける治験モニターのバイトですが、時給というより日給で支払われるのが一般的です。1日あたりの給料の相場は20,000円前後となっていますが、これは入院など宿泊が必要なケースであり、短時間の簡易的な検査の場合は3,000円など安価なケースもあります。

 

ただ、中には30分ほどで終わるようなものもありますので、仮に金額が3,000円だったとしても、時給換算にすればかなり高額であることに変わりはありません。また、治験モニターの評判ですが、やはり時給が良く高収入を得ることができたと喜んでいる経験者が多いのが特徴です。

 

他にも、薬を使うだけであとは何もする必要がないため、楽に仕事をすることができたといっている人もたくさんいます。それから、副作用が出た場合には依頼者負担で治療が受けられるため、安心できたと感想を述べている人もいました。

 

逆に治験モニターをした後悔した、失敗したという話は多くはありませんが、アルバイトが終わったあとしばらく体に何か異変が起こらないか不安になったという人がいました。また、検査のために1日に何度も血液を採取されるのが嫌だったといっていた人もいます。

 

その他、治験モニターは一度参加するとしばらく期間を空けなければならず、頻繁にアルバイトをしてたくさん稼げないのが残念という口コミもありました。治験モニターのアルバイトを行うかどうか検討する際には、以上のような評判を参考に決めると良いでしょう。

 

バイト

交通量調査のバイトの時給や評判は?

読了までの目安時間:約 2分



自動車や自転車、歩行者の通行量などを調べる交通量調査のバイトですが、給料は他の職種と比較すると良いのが特徴です。日給で支払われることがほとんどで、1日仕事をした場合の相場は10,000円以上となっています。

 

何時間勤務するのかによって時給換算した場合の金額は異なりますが、1日仕事をして10,000円以上稼げるバイトはなかなかありません。そして交通量調査のバイトの評判に関してですが、他の職種と同様に良いものと悪いものが挙げられます。

 

まず良いものから挙げますが、単純な作業のため未経験でも難なくこなせたといっていた人が多数います。他にも、日払いに対応してくれるため、給料がすぐ受け取ることができたところが良かったと感想を述べている人もいました。

 

また、勤務時間が長いから大変そうだと思っていたけれど、休憩時間がたっぷりあったので意外と楽だったという人も少なくありません。

 

次に悪いものに関してですが、長時間の単純作業で飽きる、眠くなるといった不満をいっていた人がいます。また、屋外でバイトをするのが基本のため、雨など天候が悪い日の作業が大変だったと話す人もいました。その他、夏は暑い中、冬は寒い中バイトをしなければならず、耐えるのが苦しかったという人もいます。

 

以上のことから、交通量調査は暑さ対策・寒さ対策をしっかりと行い、単純作業が苦にならない人であれば、高収入を得やすいオイシイ職種であるといえるでしょう。

 

バイト

ティッシュやチラシ配りのバイトの時給や評判は?

読了までの目安時間:約 2分



学生やフリーターといった具合に、比較的若い世代の人がやっていることが多いのが、ティッシュやチラシ配りのバイトです。興味がある人はまず時給はどれぐらいなのかが気になるところでしょうが、地域により多少の誤差はあるものの、700〜1,000円に設定されていることが多くなっています。

 

この相場だけを見るとバイトとしては安くもなく高くもなくといったところでしょうか。また、ティッシュやチラシ配りのバイトの評判に関してですが、良いものと悪いものがあります。

 

まず良い評判ですが、経験不問で始めることができるため、始めやすかったといっている人が多くいました。また、単発や短期のバイトもあり、日払いや週払いで給料を貰うことができ、急にお金が必要なときに稼ぐのに便利という人もいます。その他、歩合制を導入しているところの場合、こなせばこなすほで給料が高くなって良かったと喜んでいる人もいるのです。

 

次に悪い評判ですが、ティッシュやチラシ配りは外で仕事をするため、夏は暑く冬は寒いため、厳しい環境の中で働かなくてはいけないのが難点だといっていた人がいます。
その他、受け取ってもらえないならまだしも、通行人に暴言を吐かれてショックを受けたという感想を述べている人も見られました。

 

それから、ノルマを与えられるところでは、達成しなければいけないというプレッシャーが精神的にきつかったといっていた人もいます。良い評判や悪い評判はそのままこの職種の魅力や難点といえますので、参考にして挑戦するかどうか決めると良いでしょう。

 

バイト

カテゴリー
最近の投稿