【学生広場】日払い短期バイトでがっつり稼ぐ! » school » 

塾講師のアルバイトはハードだけど充実感がある【体験談】

読了までの目安時間:約 4分



woman

 

大学生になり、ひと段落したころ、アルバイトを始めることになりました。初めてのアルバイトということもあり、なかなか決めることができなかったのですが、友人の勧めもあり、塾講師のお仕事をすることになりました。

 

時給が1200円と、他のアルバイトと比べても高かったのも、魅力の一つでした。毎日アルバイトができなかったので、時給が高いというのは当時の私には絶対条件だったのです。

 

周りも通う大学は違っても同じ大学生が多く、友人も増えました。同世代の人たちと仕事をするのは、思いのほか心地いいものでした。「先生!先生!」と慕ってくれる子供たちもいれば、なかなか心を開いてくれない子供もいるのですが、根気よく話しかけ、挨拶し、だんだん親しくなれたときは、本当にうれしかったのを忘れられません。

 

塾講師のアルバイトはハードで大変!?

仕事で行き詰まると先輩たちに相談しました。どうしても成績が上がって行かない子供には、どうしたらいいのか。どう教えればいいのか。全ての悩みが解決することはありませんでした。

 

それでもその都度とても親身に相談に乗ってくださり、いろいろなアドバイスをいただけたのも、長く仕事が続けられた要因の一つでした。時給1200円と高待遇に思えますが、内容は割とハードです。時給分働いて終わりという内容の仕事ではないからです。

 

予習・復習・テストの繰り返しで、とにかく仕事はいっぱいありました。それでも子供たちの笑顔を見れば、「先生!」と呼ばれれば吹き飛んでしまうような充実感がありました。

 

塾講師のアルバイトは責任感を学ぶことができる!

体調管理もしっかりしなければいけません。無責任では絶対に勤まらない仕事です。大学生時代に「責任感」というとてもとても大事なことを学ぶことができました。これは私の一生の宝物だと思っています。

 

大学生活も終盤に差し掛かり、私がいろいろな悩みを聞く側になって行きました。同じように悩んでいる後輩に、かつて先輩たちが私にそうしてくれたように、話を聞き、アドバイスをするようになっていくのですが、やはり無責任に聞くことはできません。当時私の悩みを聞いてくれた先輩たちに改めて「感謝」しながら、悩める後輩たちの指導もしました。

 

 
最後に一言お伝えします。就職活動も終わり、塾を卒業しましたが、振り返ってみると、大変だったけど、本当に学ぶことが多かった毎日でした。凡庸ではあるけれど、そんな言葉がぴったりの職場。充実した大学生活の一部分として、胸を張れる仕事ができたことは、私の人格形成に一役も二役も担ってくれたことは、まぎれもない事実だと思っています。

 

公文式のアルバイト【体験談】

読了までの目安時間:約 4分



先生

 

東京の短大への進学が決まった高校3年生の2月~3月の約1ヶ月半、地元の山形で公文式のバイトをしました。時給は830円とそれほど高くはありませんでしたが、経験が特にいらなかったことと、自宅から徒歩3分ほどの近所だったので、始めてみました。

 

お給料は振込みではなく、現金で月末の最後の日に頂きました。私自身は公文式に通ったことはありませんでしたが、教室の先生がもともと顔見知りの方でしたので、気負わずにやることができました。週2回、各3時間ほどの勤務でした。

 

教室は、先生のお宅の一部を利用し、15畳ほどのスペースにテーブルを並べて、椅子ではなく、畳に座るかたちでした。学校が終わると、次々に子ども達がやってきて、その日の課題をやっていきます。高学年の子どもたちは先生が担当をし、私は低学年の子ども達の丸付けを担当しました。間違いがあるといけないので、簡単な問題でも答えを見ながら丸付けをしていました。

 

子どもは常に教室に20人~30人ほどいて、出来た課題を次々に持ってくるので、いつもあっという間に3時間が経っていました。国語、算数、英語の3教科を同時に沢山の子どもたちがやっているので、丸付け用のテキストを席のとなりに重ねて、いつでも対応できるようにしていました。

 

 

公文式のアルバイトは大変だけど楽しい!?

 

丸付けの為に並んで待つ子どもたちを出来るだけ待たせないように、必死でやったのを覚えています。先生が厳しかったので、普段あまりおしゃべりなどは出来ませんでしたが、教室が空いている時間などは、幼稚園ぐらいの子供たちとコミニュケーションを取りながらできたのも楽しかったです。

 

子どもの人数が多くて、契約時間の3時間で終わらないことも時々ありました。その場合は、時給に50円ほどプラスしていただき、残業をしました。あっという間の1ヶ月半でした。

 

小さな子ども達とも仲良くなれ、多少の緊張感はありましたが、丸付けとアシスタントの仕事は、ちょっとした先生気分も味わえてとても楽しかったです。授業中は割と厳しい先生でしたが、アルバイトの最終日には「ほんとに助かったわ、ありがとう。また、夏休みや冬休みに帰省した時には

お手伝いしてね」と言って下さり、嬉しかったです。

 

子ども達も私が辞める時に、とても残念がってくれて、もう少し続けたいな、という気持ちでいっぱいでした。アルバイト禁止の高校だったので、進路が決まった短い春休みの期間しかできませんでしたが、初めて自分で働き、お給料が頂けたことは、とてもいい経験になりました。

 

パソコンスクールのアルバイト講師【体験談】

読了までの目安時間:約 4分



パソコンスクール

 

 

パソコンスクールの仕事内容や時給、アルバイトを通じて実感したことについて紹介しますので、これからバイトをしたいと思っている方に参考になれば嬉しいです。

 

私は2年間ほど、自宅近く(さいたま市)のパソコンスクールでアルバイト講師をしていました。自転車通勤可能で、徒歩でも20分ほどで通える場所で通勤に便利だったので時給がかなり低かったのですが、応募しました。

 

パソコンスクールの内容

仕事内容は、パソコンを初めて使う方(特に高齢の方が多かったです)への初歩的説明からインターネット、デジカメデータの取り扱い法、ワードやエクセルさらには、ビジネスマン向けパワーポイントやなど多岐にわたっていました。にもかかわらず、時給830円でした。

 

仕事は講師以外にも受付・事務処理もすべて行っていました。大手ではなく、個人の小さいパソコン教室でしたので自営業のお手伝いですべてをこなすというイメージです。研修もなく、いきなり現場。しかも、曜日によっては1人態勢で電話も出るし、突然くる見学者の対応もありました。

 

授業は、テキストを見ながら個人個人勝手に進めてわからないところを質問される形式で、生徒さんは多くて6名でした。少ない時は1人の時もあり、しかもその方が慣れている方ならほぼ質問もなく1時間自分の席で事務処理をゆっくりしたり、のんびりできました。

 

大変だったのは、バージョンやアプリケーションソフトの種類がさまざまでしかも研修も受けていないので使ったことのないバージョンでも対応しなければいけなかったことです。また、テキスト外の授業もあり、これは年賀状の宛名を作りたいとか仕事でこの資料を作りたいなどでその生徒さんのレベル以上の内容を教えなければいけなかったり、かなり高度な技が必要だったりしたことです。

 

たった、830円。。。しかも最初はなんと800円からのスタートでしたのでなんだかな?という気持ちは常にありましたが、育児家事との両立や通勤時間の短さ、また、一人体制は大変でしたが比較的自由にやらせてもらっていたので結局2年間も居座ってしまいました。

 

その間に、子供もかなり手を離れてきたこともあり資格を取得するべく並行して学校に通い資格取得!そして、このアルバイトを続けながら、取得した資格を使った仕事も始めました。このアルバイトは週3日だけでしたのでその合間を縫って働き始め、新しい仕事のほうが安定してきた段階でパソコンスクールの仕事を辞めました。

 

パソコン講師!などというかっこいい名前で、後任の応募も多数あり後任もすぐに決まりました。が、後任の方もスキルがある程度あるのに、800円から!!個人商店的な職場では仕方ないのかもしれません。

 

 
私の場合は、通勤時間や時間の融通で選びましたし、結果、仕事をしながら研修なしで独学でしたが生徒さんのテキストを一緒に見ながら新しいバージョンのものや新しいスキルを身に着けることができさらに、今の仕事にありつけたのでよかったのかな?と思います。

 

試験監督のバイトの時給や評判は?

読了までの目安時間:約 2分



試験監督のバイトをした場合、時給というより日給で設定されていることが少なくありません。相場は1回の試験あたり6,000〜15,000円ですが、金額は試験監督の仕事をする時間や、どの試験かなどの条件によって変わります。

 

ただ、拘束時間は長くありませんので、時給換算にしてみれば非常に条件が良い職種であるといえるでしょう。この待遇の良さに魅力を感じてバイトを希望する人も多く、募集が行われると申し込みが殺到するほどです。

 

また、試験監督のバイトの評判ですが、これも他の職種と比較しても上々です。前に述べたように、高収入を得ることができるという点、試験の種類によっては拘束時間が短い点を働いて良かったと挙げる人も多いです。

 

また、1日中かけて行われるような試験では、食事が支給されるため食費の節約になったり、特段難しいことをすることもないため、楽に稼ぐことができてオススメです。

 

悪い評判はあまりありませんが、土日祝日に実施された試験でプライベートが犠牲になった、立ちっぱなしで長時間いたため足が疲れたという声もあります。また、人気のバイトで他の人に先を越されてなかなかできないといっている場合も多いでしょう。

 

これらの試験監督バイトの評判をまとめると、競争率は非常に高いものの比較的楽にこなせる仕事であり、簡単に高収入を稼ぎ出したい人にはピッタリなバイトといえるでしょう。

 

バイト

【早稲田アカデミーのバイト募集】時給や面接時の注意点は?

読了までの目安時間:約 4分



塾講師

 

塾講師は大学生で人気のアルバイトの一つで、塾のバイトの特徴として時給が高い点が挙げられます。塾講師は、小学生、中学生、高校生までの生徒を教える仕事で、個別から集団授業まで幅広くあります。

 

塾の中でも早稲田アカデミーは有名な進学塾です。実際に高時給で有名な塾でバイトをするメリットや面接時の注意点について紹介します。

 

早稲田アカデミーで働く魅力

 

時給が高く進学塾で講師ができるやりがい

早稲田アカデミーは、アルバイトは時間講師という区分になりますが、時給は2200円以上になります。1回の授業で2時間程度のため、1日1回の授業(2時間)で4400円となります。時給は高く、かつ授業で生徒にわかりやすく教える能力がつくため、やりがいがある仕事といっても過言ではないでしょう。

 

もちろん授業の予習や授業後の生徒のフォローが必要になります。時給は授業時間に適用されるため、基本的に予習する時間は給料の範囲外となります。なので、自身に教えるスキルや小学校や中学校で習得した知識を忘れている場合は、しっかりと事前に準備をしなければいけません。

 

充実した研修

塾講師の経験がなくても、授業をする前に講師の前で模擬授業をすることで、感覚を掴むことができます。教科書の内容をノートにまとめてホワイトボードに書いたり、必要なプリントや宿題の出し方などを先輩社員に教わるので、未経験でもすぐに実力がつきます。

 

塾講師に向かない人

時給が高いからやとにかく稼ぎたいという方には正直塾講師には向いていません。もちろん最初は稼げるという目的でやってもよいのですが、生徒一人一人と向き合って学力を向上させるという意識を持つことが大事です。塾に通わせているお子さんの親は、中学受験や高校受験で成功させるために高い授業料を払っているわけです。

 

生徒と真剣に向き合って、時には授業後に補習をしたり、追加で宿題をだしたり、授業の内容で理解ができない点をフォローする必要があります。

 

また親に電話でフォローをしたり、保護者会もありますので、バイト感覚では正直大変です。親はバイトも社員として見るので、しっかりと塾講師として正社員と同様の振る舞いをする必要があります。

 

早稲田アカデミーの面接時の注意点

塾講師なので、髪型や髪の色、服装は清潔にしたいですね。もちろん茶髪NGではありませんが、子供や親の目に触れるということを考えると、明るい髪だと恥ずかしいかもしれません。

 

塾講師をやる以上、ある程度自身の学力が大事です。教える能力も必要ですが、自身の学力があってこその教える能力です。自分の得意分野や学生の頃の実績をしっかりとアピールしましょう。

 

将来的に学校の先生になりたいと考えて、教育実習の前に塾でアルバイトをする人も多くいます。周りは意識の高いバイトの人が多いので、気を引き締めてバイトの面接に望む必要があります。

 

カテゴリー
最近の投稿