【学生広場】日払い短期バイトでがっつり稼ぐ! » apparel » 

学生服ショップのアルバイト体験談

読了までの目安時間:約 3分



学生服

 

大学時代、学生寮に住んでいた私は同じ階に住んでいた先輩の紹介で学生服ショップのアルバイトを始めました。仕事の内容は店長とその奥さんのアシスタントでした。

 

学生服を買いに来た小学生、中学生へのフィッティングや注文票への記入、発注の補助、雑用などいろいろなことをしました。学生服ショップの時給は600円程度で一日5時間の勤務でしたが、春休みを有効活用することができました。学生ですから、最初はお金が欲しいという単純な気持ちで仕事をしていました。

 

しかし、この学生服ショップのアルバイトを通してお金を稼ぐということはどれだけ大変かということを学びました。元気よく挨拶をすること、挨拶笑顔で接客すること、注文を間違えないことなど、社会に出たら基本となることを教えてもらいました。

 

アルバイトの良かった点、悪かった点

 

私の常識は世間の非常識だったのです。もし、アルバイトを一度もせずに社会に出ていたらどうなっていたことでしょうか。それもある種一つの経験かもしれません。でも、学生時代にアルバイトをすることはお金を得るだけでなく、人生の糧となる経験を積むことになるので学生のみなさんにはぜひおすすめしたいです。

 

社会への第一歩はアルバイトから始まるのではないでしょうか。社会へ出たら一度は挫折すると言いますが、アルバイトを通してプレ社会人を経験することで挫折のダメージが少なくなると思います。

 

良かった点はやはり経験したことだと思いますが、悪かった点はアルバイトをしている時間に友人と遊ぶことができなかったことです。時間が有り余っている学生時代に時間を有効に使うことができなかったのは本当に残念であり、後悔をしている点でもあります。

 

私がアルバイトをしている時間に旅行に行った友人たちを見た時は本当にうらやましかったです。アルバイトの奴隷になり、自分の時間を犠牲にしてしまうのはもったいないです。

 

これからアルバイトをする人たちにはぜひ自分の時間を有効活用できるアルバイトを見つけてもらいたいです。お金を稼ぐことができ、自分の経験にもなり、さらに自由な時間があれば素敵だと思いませんか?

 

いずれにしてもアルバイトをやって損はないと思います。どんなアルバイトでも自分が経験することが最も重要なのです。良い経験も悪い経験も全ては明日の自分につながっていることを忘れないでください。

 

カテゴリー
最近の投稿